転職活動を有利に進めていくために

面接で好印象を残すためには

 面接で、相手に良い印象を持ってもらうには、やる気が伝わる服装と言葉遣いと立ち居振る舞いが重要になります。質問はありますか?と面接の場面では、面接官からよく聞かれる質問ですが、この質問には、業務に関する質問をすることが好ましいでしょう。

 

 よく考えてみてください。自分が採用者を選考する立場だった場合に、福利厚生に関しての質問ばかりする転職者が目の前に現れたらどう感じるでしょうか?まずは、仕事なのでは?仕事ありきでしょう、という感想を持つと思います。
何故、待遇面ばかり聞くのだろうという印象を持たれてしまうと、その瞬間、選考対象から外れてしまいます。

 

 福利厚生に関しての質問は、面接も会話のやりとりで成立しているので、先方から説明されることもあります。会社の求人概要に詳細を記している場合もありますから、条件や待遇の面ばかりに意識が向かないようにしましょう。

 

 もちろん、勤務先の待遇は生活に直結することなので、確認すべき大事な点であることには変わりありません。要は、その確認方法や聞くタイミングが重要だということです。

 

自信がない転職者の場合はどうしたら良いのか

 学歴がない場合や、学歴を埋めるような資格もない、職歴もさほど自信がない。このようなケースに該当する場合の方でも、転職することは可能です。女性であれば、常識的なメイクや社会性のある笑顔をしていると、採用に結びつく可能性が高いからです。

 

 女は愛嬌という性差の話ではありません。社会性のある笑顔は、愛想笑いとも言い換えることができます。つまり、愛想笑いができるということは、接客業においても有利だと判定されることがあるということだからです。人間関係の悪い場所でも、中和剤的なキャラクターとして採用される可能性もあります。このように、学歴や資格や職歴に自信のない方は、自分独自の長所を見つけて、アピールすることで面接を有利に進めることができるようになります。

 

 男性の場合でも、同様です。雇用先に、使いやすい人物であると思ってもらえることが、採用の糸口になる、ということを覚えて転職活動をしましょう。


このページの先頭へ戻る