35歳の転職で成功をつかむ−転職支援サイト活用術

 今の仕事についてあまり良い環境ではなく、35歳から転職を考えている方も多いと思います。ですが、ただ今の環境から逃げるような転職はあまりお薦めはできません。今の日本の景気の状態では、良い条件の会社の方が少なく、キャリアアップで転職できるということが先ず少ないのです。求人を募集している企業も、サービス残業が多かったり、職場環境の悪いブラック企業にあたる可能性も有り得ます。先ず何が目的なのか、はっきりと決めることです。

 

 新しいことに挑戦したいのか、給料を上げたいのか、自分が何の目的で35歳の転職をするのか目的意識を持つことです。何となく今の職場の環境が悪いからといって、転職をするのであれば、今の仕事を何年もやって経験を積む方が将来的に良い場合があります。

 

 転職をする気持ちが定まったら、次に企業を探し、情報を集めることです。今では、35歳の方を対象に転職をサポートするネットサービスは多くあり、そこに登録をすることで多くの情報が得られます。むしろ登録をしないと求人に参加できないことがあります。ハローワークももちろん良い情報源になりますが、よりよい環境での仕事を目指すのであれば、まずは色々なところから情報を集めるべきです。

 

 情報を集め、会社が定まったら、次に会社説明会に参加し、面接を受けます。中途採用での面接でありますので、必ず聞かれることはなぜ転職をしようと思ったのか、次の会社に何を求めているのかです。面接官は面接のプロですから、何か問題があって会社を辞めるのかどうか、キャリアアップで転職しようとしてるのかはすぐに見抜かれるでしょう。それが故に、自分自身の転職の意志をはっきりと持つべきです。

 

 面接が無事合格し、今の会社を退社、そして入社となった場合、気をつけることがあります。退社する会社には迷惑をかけないように、三ヶ月前もしくは半年前など時間に余裕を持ち、引き継ぎなどをしっかりとやることです。もちろん挨拶もしっかりとやり良い印象で辞めていくことを心がけます。次に新しい会社ですが、なかなか慣れるまで時間がかかると思われますが、とにかく挨拶や礼儀だけしっかりとやっていき、少しずつ仕事を覚えていけば良いでしょう。

 

 

関連ページ
30歳の転職は求人サイトが必須
30歳になったらキャリアを考えて転職するのもあり


このページの先頭へ戻る